弁護士に依頼する

B型肝炎特別措置法に関していえば、内容は簡単ではありません。読んでも理解できるのかといえば、いろいろと専門的な知識が必要になってきます。手続きを考えてみても、素人では相当な苦労が求められてくるといえるでしょう。難解な部分が多くなってきていますが、法律的にみれば、一般的な解釈であるといってもいいレベルです。かなり大きな給付金となるケースもありますので、B型肝炎ウイルスの給付金を請求するのであれば、弁護士に依頼して進めることが確実であるといえるでしょう。実際に国のほうでもそうなることを理解して作られているともいえます。

弁護士問題は、弁護士に依頼すると、お金がかかるというところになるでしょう。ここにも解決の道筋があり、訴訟が確定し請求金額を受け取った後に成功報酬といったかたちで支払うような方法がほとんどです。依頼した状態で貯金が無くても依頼ができる仕組みになっているといえるでしょう。

いろいろな弁護士事務所で訴訟を請け負ってますが、ホームページなどを見れば、B型肝炎の訴訟に関して経験があるかどうかがすぐにわかります。そのうえで話をしてみれば、支払いなどに関してもすぐにわかりますので、まずは調べてみるのがポイントになるでしょう。


関連記事

  1. B型肝炎特別措置法
  2. 期限の延長
  3. 申請の期限

申請の期限

期限B型肝炎に関する給付金は、期限が設定されておりいつまでももらえるものではありません。B型肝炎特別措置法には請求期限が存在しているからです。期限までに請求をしなければ給付金が支給されず受け取れなくなってしまうわけですが、平成34年までに延長されました。期限である平成34年の1月12日までに請求をおこなうようにしていかなければいけません。集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したという証拠を集めるというだけでも、実際に時間を必要とするのは間違いありません。さらに裁判の手続きをしていくことになるため、時間はさらにかかります。弁護士に依頼することが近道になってくるのも間違いありません。

弁護士に相談すると、必要書類を集めるのもなれているため、かなりスムーズに進めることができるようになります。手続きに関しても、すべて弁護士に任せられるため、かなりのスピードアップになるでしょう。どうしても自力でやることを考えるのもひとつの選択ではありますが、請求期限の設定がある以上、かなり計画的に進める必要が出てきます。注意もしていかなければいけませんが、1回で終わることがないと考え、相当な余裕を持っておくことが必要でしょう。


関連記事

  1. B型肝炎特別措置法
  2. 期限の延長
  3. 弁護士に依頼する

期限の延長

弁護士B型肝炎特別措置法は、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法と長い名前です。B型肝炎特別措置法が成立した段階では、第5条の1号と2号に給付金の請求期限がありました。平成28年の2月に請求期限の延長が話し合われることとなり、平成28年5月13日に参議院で請求期限の延長が決議されます。期限の延長を定める法律が成立することとなったのですが、参議院本会議で総数228名中、賛成228名、反対0名というかたちで成立したことは、大きな注目を集めた結果であったことがわかるでしょう。

当時は平成29年1月12日が請求期限でしたが、結果として5年延長という異例の長さになったところが重要です。平成34年1月12日まで請求できるようにはなりましたが、B型肝炎ウイルス感染者給付金を理解していなければいけないという課題は残っています。請求手続き理解できなければいけませんし、感染していること自体が自覚なければ給付金事態を認識できません。ある程度の専門知識がなければいけないところも大きな壁となっているのは確かです。もしも、少しでも心当たりがあり、気になるようなことがあれば、まずは弁護士に相談をすることが一番の選択となってくるでしょう。


関連記事

  1. B型肝炎特別措置法
  2. 申請の期限
  3. 弁護士に依頼する

B型肝炎特別措置法

予防接種昭和23年から昭和63年まで集団予防接種を覚えている人も多いでしょう。さまざまな予防接種がありましたが、その中でもツベルクリン反応検査は大きな問題になりました。ここからB型肝炎ウイルスに感染するようなケースがあったからです。のちに大きな問題になっていきましたが、この感染したB型肝炎が国に対する訴訟となっていくからです。

ニュースとしても覚えている人が多かった事件ですが、国の敗訴という形で決着を見ます。ここ数年では、非常に大きな出来事であり関心を集めましたが、そこまででおしまいという人も多いでしょう。結果として、集団予防接種によって感染したことが証明できるのであれば、給付金というかたちで支給するといったことになりました。B型肝炎特別措置法のひとつですが、請求に期限も設定されており、無限に支給されるものではないことも重要になってきます。

積極的におこなわれているB型肝炎給付金制度ではありますが、周知や検査の受検勧奨といったことも重要です。医療費助成も検討されていますが、45万人もの感染被害者がいると推計されている状況の中で、大多数がB型肝炎給付金制度を利用していないのが事実です。請求に関して期限が決められているのですから、そのままにしておくのはもったいないでしょう。まずは基礎的な情報からでもスタートすることで、しっかりと給付金を受け取れるようになってきますので、参考にしながらスタートしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 期限の延長
  2. 申請の期限
  3. 弁護士に依頼する