B型肝炎特別措置法

予防接種昭和23年から昭和63年まで集団予防接種を覚えている人も多いでしょう。さまざまな予防接種がありましたが、その中でもツベルクリン反応検査は大きな問題になりました。ここからB型肝炎ウイルスに感染するようなケースがあったからです。のちに大きな問題になっていきましたが、この感染したB型肝炎が国に対する訴訟となっていくからです。

ニュースとしても覚えている人が多かった事件ですが、国の敗訴という形で決着を見ます。ここ数年では、非常に大きな出来事であり関心を集めましたが、そこまででおしまいという人も多いでしょう。結果として、集団予防接種によって感染したことが証明できるのであれば、給付金というかたちで支給するといったことになりました。B型肝炎特別措置法のひとつですが、請求に期限も設定されており、無限に支給されるものではないことも重要になってきます。

積極的におこなわれているB型肝炎給付金制度ではありますが、周知や検査の受検勧奨といったことも重要です。医療費助成も検討されていますが、45万人もの感染被害者がいると推計されている状況の中で、大多数がB型肝炎給付金制度を利用していないのが事実です。請求に関して期限が決められているのですから、そのままにしておくのはもったいないでしょう。まずは基礎的な情報からでもスタートすることで、しっかりと給付金を受け取れるようになってきますので、参考にしながらスタートしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 期限の延長
  2. 申請の期限
  3. 弁護士に依頼する