申請の期限

期限B型肝炎に関する給付金は、期限が設定されておりいつまでももらえるものではありません。B型肝炎特別措置法には請求期限が存在しているからです。期限までに請求をしなければ給付金が支給されず受け取れなくなってしまうわけですが、平成34年までに延長されました。期限である平成34年の1月12日までに請求をおこなうようにしていかなければいけません。集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したという証拠を集めるというだけでも、実際に時間を必要とするのは間違いありません。さらに裁判の手続きをしていくことになるため、時間はさらにかかります。弁護士に依頼することが近道になってくるのも間違いありません。

弁護士に相談すると、必要書類を集めるのもなれているため、かなりスムーズに進めることができるようになります。手続きに関しても、すべて弁護士に任せられるため、かなりのスピードアップになるでしょう。どうしても自力でやることを考えるのもひとつの選択ではありますが、請求期限の設定がある以上、かなり計画的に進める必要が出てきます。注意もしていかなければいけませんが、1回で終わることがないと考え、相当な余裕を持っておくことが必要でしょう。


関連記事

  1. B型肝炎特別措置法
  2. 期限の延長
  3. 弁護士に依頼する